中古住宅を早く売却したい!通常売却と買取はどちらがお得?

query_builder 2021/12/14
ブログ
金沢市 不動産 買取

住宅を売却する方法は、1つの種類だけではありません。

そもそも、なぜ物件を売却する必要があるのかという背景から

も売却方法の選択が分かれてきます。

家の売却をするのであれば、

1:高く買ってくれる人に売りたい

2:早く売りたい

3:質のよい買主様に買ってもらいたい

4:要望のヒアリングと提案をしてくれる不動産会社にお願い

したい と売主であるあなたは上記のような条件を掲げるのでは

ないでしょうか。 しかし、家の売却はなかなか思惑通りに

進まず紆余曲折あるものです。

では、少しでも早く売却し成功をしたい場合、どんな売却方法

があり、通常の売却と何が違うのかを深掘りしていきましょう。


中古住宅を早く売却したい理由は?

あなたが早めに売却をしたいと思う背景は下記に当てはまるか

見てみましょう。

もし当てはまるならその先の記事に書いてある

売却方法で進めた方が早期売却に成功するかもしれません。


1:住宅ローンの滞納が続いているため競売に

かけられる前に売りたい


住宅ローンの滞納が続くと競売にかけられ

入札をされてしまいます。

競売の価格は市場価格の5割〜7割程度まで価格が下落し

落札されます。

落札価格は住宅ローンの残債に一括で返済され、売主の手元に

残る資金は見込むことができません。

このような理由もあり、住宅ローンの返済が滞ると競売にかけ

られる前に任意売却で物件を売却する方法を

選ぶ売主が多いのです。

しかし競売は待ったなしなので、期日までに任意売却が成功に

至らない場合はあきらめなければいけません。

住宅ローンの返済が滞っているための売却は、このような背景

があり、早期に売却を希望しているのです。


2:仕事や親の介護等の理由で遠方に引越しをする


転勤などでやむを得ず遠方に引越しをしなければいけない場合

は、引越しをする前に契約に漕ぎ着けたいものです。

空き家の状態を保っていたとしても所有をしている以上固定資

産税の支払い義務が生じ、一戸建ては維持管理も定期的に入れ

なければ、庭に雑草が伸び

ご近所トラブルに繋がりかねません。

さらに、マンションであれば、管理費修繕費も所有をしている

と払い続けなればいけないので、引越しのタイミングで売却が

できることが望ましいです。


3:不動産相続による遺産分割


不動産を複数の相続人で共有している場合は、売却するにも

遺産分割協議で相続人全員の合意を取らなければいけません。

しかし、共同相続人が多ければ多い程、遺産分割協議で揉める

確率が高くなり

なかなか先に進めるのも困難を極めてしまいます。

そこで、不動産を現金化し相続人で遺産を分割する「換価分割」

をすることで、穏便に解決をすることができます。


4:離婚をすることになった

マイホームを持っている場合は、離婚時の財産分与の観点から

売った不動産を現金化しそれをお互いに財産分与をする方法が

通常の解決策となります。 お互いに弁護士を立てているなら話

は早々に解決しますが、

話し合いとなるとやはり早期売却をし現金分割で折り合いを

つけるのは一般的でしょう。


通常売却と買取の違い

それでは上記の理由で早期に売却を希望している場合

通常売却と買取のどちらを選択するべきなのでしょうか。


通常売却

通常売却は、売り出し物件とマッチングをする購入希望者を

不動産会社が探す売却方法となります。

物件情報を広く顧客に周知をさせることが必要となり

不動産サイトや折り込み広告、オープンルームなどその時の状況

を考慮しながら最適な広告方法で顧客に紹介をしていきます。

早ければ3ヶ月以内、売れ残ると半年以上売れないという売却

目処がつけられないところがデメリットではありますが

相場の価格で売ることができ、特別な期限が迫っていないので

あればメリットの多い売却の種類の1つとなります。


買取

通常売却は一般の購入希望者に対し売却をする一方で

買取の買主は不動産会社となります。 不動産会社が買取る目的は

リフォームやリノベーションなど手を加えて、一般の購入者に

再販をすることです。

再販をする上でのコストがかかるため、その分の費用を減額され

市場価格より3割程度安くなると言われています。

しかし、最大のメリットは、買取の契約から現金化までが非常に

タイトなスケジュールとなるため、急いで売却をしなければ

いけない方にとっては魅力的な売却方法となります。

デメリットというと、やはり買取価格です。

これはどこで折り合いをつけるかによりますが、早期売却が確実

ならば価格が3割下がっても良しと考えるのか、市場価格に

合わせるのかで買取に向いているかどうかが分かれるでしょう。


早期売却だけを目的とするなら断然買取

がおすすめ

通常売却と買取を比較すると、期限付きで売却をしなければ

いけないのであれば買取を選んだ方が確実に売れ、手元に現金が

見込めます。

しかしデメリットも同時に考える必要性があり、売主様自身でも

相場の把握や価格のボーダーラインを決めておき

売却背景を含めた検討がポイントとなります。


石川県金沢市のもっともっと不動産は、ただ売って終わり

購入のお手伝いで終わりではなく、売却後や購入後にも発生する

ご相談や、お客様のライフスタイルのサポートをしております。

石川県金沢市、野々市市の不動産や資金計画などお住まいに

関するご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。


NEW

  • query_builder 2022/08/31
  • 不動産仲介とは?売却時に必要な基礎知識を覚えておきましょう

    query_builder 2022/08/17
  • 家の売却後は確定申告が必要?確定申告の準備をしよう

    query_builder 2022/02/21
  • マンションの管理費や修繕積立金を滞納中でも売却は可能なのか?

    query_builder 2022/02/17
  • 少しでも不動産を高く売却したい。得する売却方法を教えます

    query_builder 2022/02/06

CATEGORY

ARCHIVE