不動産仲介とは?売却時に必要な基礎知識を覚えておきましょう

query_builder 2022/08/17
ブログ
金沢市 不動産 売却

不動産を売却する手段の1つとして、まず不動産会社へ相談に行くことが一般的に多いとされています。

しかし、不動産会社が行うことと売主がやるべきことの線引きが分からない方も多いでしょう。

不動産会社はどのようなことを行なってくれるのか、取引までの専門用語や注意点、また、よく耳にする不動産仲介とは何なのかをこちらの記事で説明していきましょう。

これから不動産売却を検討している方は、こちらの記事で基礎知識を身につけることをおすすめします。

不動産仲介とは?

街中で不動産会社の店頭看板に大体的に掲載している文字の「不動産仲介」。

そもそもどういう意味なのかご存知ですか? 不動産仲介とは、物件を売りたい売主と、物件を買いたい買主の間に立って、売りと買いが滞りなく成立するように取り持つことを示します。

不動産の売買は、1つの取引価格が高額となり、さらに、家や土地には個人では解決しずらい問題点が浮き彫りとなることも多く、不動産会社が間に入り取引を行うことが一般的となります。

中には、親族間の売買の為、個人で売買を行うケースも少なからずあるようですが、全くの他人と不動産の売買契約をするにはリスクと隣り合わせな部分もあるため、不動産仲介を依頼する場合が多いとされています。

両手仲介と片手仲介

仲介の種類で両手仲介と片手仲介という言葉もあり、不動産会社の中でもよく飛び交う言葉となります。

不動産会社X社に依頼をした売主の不動産を、不動産会社Z社に依頼をした買主が購入した場合、片手仲介と呼ばれています。

また、不動産会社X社に依頼をした売主の不動産を、同じくX社に依頼をした買主が購入した場合、両手仲介と呼んでいます。

では片手仲介と両手仲介の違いは何かというと、仲介手数料の違いとなります。

片手仲介は、X社は売主から、Z社は買主から仲介手数料を支払ってもらいますが、両手仲介となると、X社は売主、買主双方から仲介手数料を見込むことができます。

売主が仲介を依頼する際の契約の種類

では、売主が不動産仲介を依頼したい場合、どのような契約を不動産会社と締結するのでしょうか?

売主が、所有している不動産を売却したい為に不動産会社に依頼をする場合、口約束だけでは不動産会社は売却活動を開始できません。

まずは不動産会社と売主で締結をする媒介契約の種類を説明しましょう。

媒介契約とは、売主の所有不動産を不動産会社が売却活動することができる契約となります。

媒介契約には3つの種類があり、いずれも売主がどの媒介契約を締結するか選択ができます。

専属専任媒介契約

・1社の不動産会社のみと媒介契約を締結 ・売主自身で探した買主と契約する際も不動産会社を通しての契約となる ・売主への報告義務は1週間に1回以上 ・レインズ登録は5営業日以内

専任媒介契約

・1社のみの不動産会社のみと媒介契約を締結 ・売主自身で探した買主と契約する際は不動産会社を通さなくても良い ・売主への報告義務は2週間に1回以上 ・レインズ登録は7営業日以内

一般媒介契約

・複数の不動産会社と媒介契約が締結できる ・売主自身で探した買主と契約する際は不動産会社を通さなくても良い ・売主への報告義務は任意 ・レインズ登録は任意 上記が媒介契約の種類となり、それぞれの媒介契約で契約内容に差が生じています。専属専任媒介契約や専任媒介契約は、ある程度不動産会社が手続きや確認事項などを行なってくれるので、不動産をお任せできるという点では助かりますし、不動産会社自体も率先をして売却活動に専念してくれるでしょう。

一般媒介契約は不動産会社からの報告義務やレインズ登録が任意であったり、複数社と媒介契約を結ぶことで内見希望が殺到する可能性もあり、何かと売主の手間がかかります。 しかし、ご自身で全て把握をしておきたいという意向であれば、一般媒介契約の方が契約形態は合っているかもしれません。

不動産会社の活動範囲

不動産仲介を依頼した場合、間に入っている不動産会社はどこまでを担ってくれるのでしょうか?

1:物件の広報、営業活動

2:顧客探し

3:物件の調査

4:買主の窓口(売主への相談事は不動産会社を通してとなります)

5:契約行為(各種契約書の作成や、現金授受、司法書士などの紹介も可能な場合もあります)

6:鍵の引き渡し このように取引に関して様々な行為を不動産会社が行なってくれるので、売主としては安心しながら契約まで進めることができます。 しかし気をつけなければいけないのは、売主側も不動産会社におんぶに抱っこでは売却活動は成功ができないということ。

売主所有の不動産を売るためのプロジェクトを不動産会社と売主が協力をしながら進めるというスタンスでなければプロジェクトは成功できません。

どの媒介契約を締結しても一緒に売却活動をしていくという姿勢は変わらず持ち続けましょう。


石川県金沢市のもっともっと不動産では不動産売却からリノベーションまでを手がけている不動産仲介会社です。

売って終わりではなく、売却に関するあらゆるご相談も随時お受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

不動産 売却 業者

NEW

  • query_builder 2022/08/31
  • 不動産仲介とは?売却時に必要な基礎知識を覚えておきましょう

    query_builder 2022/08/17
  • 家の売却後は確定申告が必要?確定申告の準備をしよう

    query_builder 2022/02/21
  • マンションの管理費や修繕積立金を滞納中でも売却は可能なのか?

    query_builder 2022/02/17
  • 少しでも不動産を高く売却したい。得する売却方法を教えます

    query_builder 2022/02/06

CATEGORY

ARCHIVE