「新たな始まりへの一歩・ 空き家売却の検討」

query_builder 2024/04/03
ブログ
金沢市 空き家 相談

父の遺した家の査定依頼
今日は天気が良く、故郷の家を売却するための査定依頼を受けました。
依頼者様は、お父様が亡くなられ、家が空き家となったため、査定をお願いしたいとのことでした。
依頼者様の自宅を訪問したところ「鍵が開いてるのて見てきて」との事でしたので、早速物件に向かいました。
到着してみると、建物の状態はあまり良くなく、残置物も多く残されていました。依頼者様の幼少期の写真も見つかり、物件には多くの思い出が詰まっているようでした。
立地を考慮すると、建物を解体して更地にする方が有利だと判断しました。
そのため、今回は残置物の処分費用、解体費、そして諸経費を含めた概算を提示し、依頼者様が手元に残る金額を試算していきます。


記憶を継承しながらの売却サポート
この物件の立地を考慮すると、更地にして売却するのが最善の選択だと感じました。
そこで、今回は残置物処分、解体費用、諸経費などを概算で提示し、依頼者様がどれくらいの手残り金額を期待できるかを含めた査定を行っていきます。
空き家となった物件の売却は、多くの場合、感情的にも複雑な決断を迫られます。
しかし、その一方で、売却によって新しい可能性が開かれることもあります。
依頼者様にとって、この売却はお父様との思い出が詰まった家を手放すことを意味しますが、同時に新たな人生のスタートを切るための大切な一歩でもあります。
私たち不動産業者は、依頼者様が前向きな決断をするためのサポートを行い、物件が新しい所有者に引き継がれる際には、それが地域社会や新しい住まい手にとっても価値あるものとなるように心掛けています。


NEW

  • 「眺望の良い町家の売却とお引渡し完了」

    query_builder 2024/06/25
  • 「空き家の譲渡所得の特例を使う」

    query_builder 2024/06/24
  • 「西茶屋街の町家所有権移転完了と売主様から買主様にプレゼント。」

    query_builder 2024/06/11
  • 「売却物件の前に設置してある電柱移設できるのか。」

    query_builder 2024/06/16
  • 「震災後初めての能登訪問・物件調査とお客様に会いに行く。」

    query_builder 2024/06/11

CATEGORY

ARCHIVE