「空き家の譲渡所得の特例を使う」

query_builder 2024/06/24
ブログ
金沢市 不動産 売却 相続

弥生地区の物件売出しと相続特例の活用
今日の梅雨入りで蒸し暑い中、弥生地区で新たな物件の売出しを開始しました。
この取引のきっかけは、私がいつもお取引させていただいている業者様からの紹介でした。
所有者様は不動産会社の選定に迷っており、私に声をかけていただきました。
相続されたのは、昭和56年5月31日以前に建築された家屋で、相続日から3年以内にあるため、特例を活用することができます。
所有者の負担で取り壊し、更地での譲渡が行われる場合、空き家の譲渡所得から3,000万円の特別控除が適用される可能性があります。
更地にするための費用と譲渡所得税を比較し、適用可能かどうかを所有者様にアドバイスしました。


地域特性と財務的な判断の重要性
物件は小中学校が近く、非常に人気のあるエリアに位置しています。
ただ、この地域は道路幅が狭いところが多く、前面道路がこの地域では広く比較的利便性が高いと言えます。
今回のように相続した物件についての売却は、ただ単に不動産を売る以上のことが求められます。
税の特例を活用することで、売主の負担を減らし、より良い結果を出すための戦略が必要です。
特に、売却益から大きな控除ができる場合、その選択がどれほどクライアントにとって有益かをしっかりと伝えることが重要です。
今後も、地域の特性を理解し、クライアントにとって最も有利な条件を提案していくことが、私の使命だと改めて感じました。
早期売却を目指し、一つ一つの取引に最善を尽くします。

NEW

  • 「歴史ある土地の売買契約」

    query_builder 2024/07/20
  • 「以前、弊社でご購入された方からのご相談」

    query_builder 2024/07/15
  • 「弥生地区の土地売却が契約に至る」

    query_builder 2024/07/15
  • 「素晴らしい眺望を楽しめる空間づくり」

    query_builder 2024/07/07
  • 「商業施設近くの築古中古住宅の所有権移転完了」

    query_builder 2024/06/30

CATEGORY

ARCHIVE